カードローンを金利で選ぶと失敗をしてしまう可能性がある!?

カードローンを金利で選ぶと失敗をしてしまう可能性がある!?

初めてのカードローン選び

未経験から初めてカードローンを利用しようとした場合、どこが便利か、どこがお得かを見比べるかもしれませんが、効率がいい方法とは言えません。例えば金利1つとってみても、最低金利と最高金利があり、実際に適用される金利がどれ位なのか、その目安すらわからない人が多いのではないでしょうか。

 

申込む時に収入を証明する書類の提示を求められたり、実際の融資まで思ったよりも日数がかかってしまったり、初心者ならではの予期せぬ失敗の可能性もあります。初めてのカードローン選びでは、比較すべきポイントがいくつかあります。

 

 

金利はそれ程重要ではない

カードローン選びで金利を気にする人は多いです。金利が低い方が払う利息が少なくなるので、それだけお得に利用ができるからです。しかし、初めてのカードローン利用者にとっては、金利はそれ程重要ではありません。

 

カードローン初心者が金利を重要視する必要がない理由は大きく2つあります。1つ目として、金利が低かったとしても申込みができない、手間がかかりすぎる、といった場合にはあまり意味がありません。

 

カードローンはお金が借りられてこそ意味がありますが、申込みや審査で断られてしまえば1円も借りられない点には注意が必要です。自分が借りられるかどうかの目安すらない、初めてのカードローンであれば、金利よりも借りられるかどうかの方が重要です。

 

2つ目の理由として、初めての利用であれば、金利が低いからといって大きく得をするわけではありません。初めて組んだカードローンの場合、限度額はそれ程多くないケースがほとんどです。何百万円のローンならともかく、10万円程度の借入れで金利が数%変わったところで、大した違いではありません。

 

また、カードローンの中には、初回時は無利息期間が設けられているケースもあります。金利差よりも、無利息期間による恩恵の方が大きい可能性もあり、金利差によって必ずしも得をするとは限らないのです。

 

有名なところとしてプロミスがあります。消費者金融大手のプロミスは銀行の低金利カードローンと比べると金利が高くなりますが、初回の借り入れはメールアドレスの登録とウェブ上で明細が見れるサービスに登録をすると、30日間の無利息期間が付いてきます。

 

素早く借りられる点もプロミスの大きなメリットとなっていますので、お得に早くに借りたい方は板橋でも即日キャッシングのプロミスを利用しましょう。

 

初心者が知っておきたいポイント

初心者にとっては、金利以上に見比べておきたいポイントがいくつかあります。それでも金利を重要視したい人は、無利息期間の有無と、最高金利について調べておくと良いでしょう。初回利用時に適用される金利は、最高金利である可能性が高いからです。また、金利が高くても、無利息期間を有効活用すれば、利息を抑えての返済が可能です。

 

しかし、初めてのカードローン選びで本当に重要なのは、金利ではありません。初心者特有のいくつかのポイントがあります。

 

まず、できればインターネット申込み可能なカードローンがお勧めです。初めてのカードローン申込みの場合、店頭での手続きに不安や抵抗がある人が多いです。インターネット申込み可であれば、来店の必要がない分手軽に申込みが可能です。また、インターネットからの申込みは当然公式サイトから行いますが、公式サイト上では様々な情報が記載されているので、不安を払しょくしやすいというメリットもあります。

 

2つ目のポイントとして、借入れ希望額が数十万程度なら消費者金融、100万円を超えるなら銀行のカードローンと、希望額によって選択すべき申込先が変わります。限度額が低ければ金利による利息差が少ないので、手軽で対応が早く、審査に通りやすい消費者金融を選ぶのがよいでしょう。

 

限度額が大きければ、多額の融資に対応していて、金利の低い銀行がお勧めです。

 

3つ目のポイントとして、申込み条件があります。金利がいくら低くても、申込み条件を満たさなければカードローン契約は結べません。年収400万円以上のサラリーマンであれば、申込み条件をそれ程気にする必要はありません。

 

重要視すべきなのは、契約社員やパート、勤続1年未満のサラリーマン、専業主婦、年金受給者、これらに当てはまる人は、申込み条件を満たしているかどうかを調べて申込みをするとよいでしょう。

 

金利が低ければそれだけ利用条件も厳しくなり、例えば都市銀行のりそな銀行から借りる低金利のプレミアムカードローンの場合には、様々な利用条件が設けられています。借りられれば低金利で低負担となるのですが、借りられないと意味がないので、詳しくはりそな銀行のカードローン金利で条件等を見ておくと良いです。

サイトマップ